So-net無料ブログ作成

2011-01-28 [BOOK]

先日は、Eddie.A氏と「最近は村上春樹人気だな・・・」なんて会話したのを思いだし、本屋へ。
確かに平積みのコーナーでは、村上春樹氏の作品がずらりだな、と実感したのでありました。

ということで、村上龍氏の作品を手にした僕はレジへ向かいました。


新装版 限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)

新装版 限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)

  • 作者: 村上 龍
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/04/15
  • メディア: 文庫




いつか読みたいなあ、なんて思っていて。やっと。
想像力が豊かであれば豊かな人ほど、読むのが大変なんじゃないかな、と思うくらいの描写でありました。
爽やかそうなタイトルとは真逆ですが、やはりそこは日本の作品。作者の言葉はストレートでした。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。