So-net無料ブログ作成
検索選択

2013-05-08 [MUSIC]

BJは寝ようとしたとき、9年前のある日に見た風景を突然思い出した。
ついでに、当時のことを振り返ってみたが、いいこともわるいことも含めて思い出せる出来事は無かった。
唯一思い出せたのは、当時聴いていた音楽だった。





何故、9年前に見た風景を思い出したのかについては関心は無かったが、当時の思い出が無いことの理由を考えてみた。
しかし、理由は分からなかった。分からなくても困らなかったので考えることを止めた。
そして彼は寝た。
その日、夢は特に見なかった。

2012-07-23 [MUSIC]

サントラらしいんですが、映画は観てない。
この混沌としたような、コンセプトレスな雰囲気は独特で、いつはじまって、いつ終わったのかがわからない。。。


More

More




冬から聴いてるから、もう季節感は無いな。もう、季節感は。

2012-02-25 [MUSIC]

先日、凍える寒さのある夜に、数年前に一緒にバンドをやっていた友人と久々に会話をした。
(バンド名は、BJ & THE NEGATIVE ORCHESTRA。・・・バンド名を書いたことに意味はありません。)
その夜は当時聴いていた音楽の話で盛り上がった。
そのうちの一つが ABNORMALS なんだが、家に帰るなり急いで聴きたくなった。


SYMPATHY

SYMPATHY




ふむ。
「やっぱり、いかすぜ!」ということを改めて実感した早朝は、やはり凍える寒さであった。

3/11、幡ヶ谷HEAVY SICKをよろしくどうぞ。
Sleggar Kou 正式加入後の初LIVEとなるぞ。

2011-11-03 [MUSIC]

さて、ついに1st ALBUM 「TIME」の予約を開始しました。

BMCD001.jpg

もう今朝からアクセス数が半端じゃなくて、なかなかアクセスできないというクレームのそばから早速増版が決定してしまった、というのは嘘で全然余裕です。

私のキャリアでは初のアルバムであって、まあ道のりが長かったというか、奇跡的というか、考えさせられてしまうなあ。
その昔、一緒にバンドをやっていたメンバーや、クラスメートや、情熱的に愛し合った人や、崖の上から突き落とそうとしたヤツや、隣人はどう思うかな。
って、どうも思わないね。

予約は、2店舗で取り扱っていただいています!
東京 MACK THE KNIFE
福岡 13th Avenue

2011-08-19 [MUSIC]

気が付いたら日が短くなってきて、夏も終盤なのかなって思われされる時期に差し掛かってきた。
今年の夏はThe Byrdsばっか聴いてきて、頭は空っぽだったな。





ホームページに書いたとおり、1stアルバムがそろそろ出せそうです。
近いうちに詳細を発表できればというところで、THE VARIATIONSはこれでやっとデビューです。

2011-01-11 [MUSIC]

遅れましたが、2011年もよろしくおねがいます。

今年も THE VARIATIONS がよりバンドとなるように日々精進あるのみでございます。
(暗い深海を泳ぐが如くさまよい、漂っていく所存です。ええ。)

そんなこんなで、最近はJohn Caleを聴いておった。
想像より清楚な感じはなく、でもスウィーティーな雰囲気であった。


Island Anthology

Island Anthology





今年も気ままではありますが、メモ程度に書き込んでいくのでご愛顧くださいますようおねがいします。

2010-11-17 [MUSIC]

1P5300052.JPG

先日のこと。

某中古CD屋で、LOU REEDのブートレグがあったので買ってみた。
(時期的には、『NEW YORK』を発表したころのものだと思う。)
LOU REEDはオフィシャル盤だけで十二分に満足しているので、今までブートレグには興味が無かったのである。
それに、欲しいCDが無かったから仕方なくブートレグを買ったわけでもなかった。
期待はしていなかったが、何となく聞いてみたかった。
それから、家に帰ってすぐには聞かず、数日置いたままにしていた。

数日後、時間ができたので、CDを聞いてみようと思い、ケースを開けたところ、驚かされた。
全然知らない人のCDが入っていた。(メジャーレコード会社から出されていたものだ。)
まさかここまで海賊行為だとは思いもよらず。
レシートも無いし、そこまで期待していなかったのもあり、今は我がCDの棚に収まっているのであった。
寂しいことに、そのCDのジャケットは意味不明な風景画であり、LOU本人の画像は一枚も使われていない代物だった・・・

と、いう話は前フリ。

11月22日は新宿LOFTでライブなので、時間ある人はぜひ来てくだされ。
このブログを観ている貴方、貴方は時間に余裕がある人か、THE VARIATIONSを身近に感じている人のはずだ。ぜひ、お越しください。
来てくれた人には、言ってくれればLOU REEDのブートレグ、差し上げます。

2010-10-29 [MUSIC]

LOU REEDが「Jealous Guy」を歌ってたのは初耳だった。

何ともパワフルな演奏。自分の歌はここまでがならないのにね。
背景とか思い入れは知らないけど、貴重だな。恐れ入った。

2010-06-24 [MUSIC]

いやはや、しばらく間を空けてしまいましたね。

今年も気が付けば上半期が終わろうとしています。
時間が過ぎるのは、早いですな。

そんなこんなで、上半期に一番多く聴いたのはこのアルバムでしょう、ということで。






全体的に哀愁漂うメロディーで攻めまくる内容です。
ギターを激しくかき鳴らしたり、ソウルフルで真っ黒な感じとかではなく、純粋に「哀」という感じでしょうか。
こういうのを成功と、いうのだろうと思わせてくれました。
わりと中古とかで見かけるので、手に取ってみては。本当におすすめの一枚です。

では、さようなら。

2010-05-13 [MUSIC]

個人情報漏洩の恐怖から最近シュレッダーを購入した、BJです。

個人情報漏洩なんて気にしたくない、のんびり過ごしたいという方におすすめなのがこれ。






なんだろうな、このスローな感じ。
バンドサウンドでの攻め口ではなく、ギターも濃すぎず、雰囲気がどくとくな乾燥した感じが心地よいですね。
朝から夕方にかけて、聴いてますが、思わず目を閉じること複数回。
脳みそがリフレッシュされます。

そんな、垂れ流しな感じで。
では、さようなら。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。